狛江水辺の楽校
魚がいて鳥がいて虫もいる。そして花も咲いている。
多摩川流域でも数少ない自然が残された水辺は狛江ビオトープとして市民に親しまれ、四季折々の自然学習に利用されている。

狛江水辺の楽校Facebook

Facebookで、日常の活動を紹介しています。いいね!お願いします。



4月 水辺の楽校行事(毎週日曜日)

 平日は、保育園、幼稚園、小学校などの多摩川学習・多摩川遊びのサポート役。
毎週日曜日10時から12時まで、環境学習の場づくりの清掃活動、生き物観察。
子どもたち、お父さん、お母さん、市民の皆さんの参加・お手伝いをお待ちしています!

狛江水辺の楽校を元に戻そう!

10月に発生した台風第21号の影響で、狛江水辺の楽校がごみの山になってしまいました。
現在、市民ボランティアによる清掃活動を開始していますが手が足りていない状況です。
皆さんの力で多摩川や水辺の楽校の自然を再生しましょう。参加・協力をお待ちしています。


4月1日(


◇平成30年度開校式&春の自然観察会


第18回目の開校式と春の生きもの観察会を行います。

講師 野口昌男さん(水辺の楽校校長)


4月8日(


◇ヤンマ池をキレイにし隊清掃


先月、重機で池に埋まった大木やごみを掃除しました。その後のヤンマ池の周辺の清掃と生き物観察を行います。

増川邦弘さん(狛江第一小学校保護者)


4月15日(


◇オタマ池をキレイにし隊清掃


オタマ池の周辺の清掃や池までの道づくりを行います。オタマジャクシの観察も。

門脇昭生さん(狛江第一小学校保護者)


4月22日(


◇ホタル川をキレイにし隊清掃


ホタル川沿いの道づくりや橋づくり行います。かつては、初夏に舞っていたホタル、今年は復活なるか?

講師 藤村忠彦さん(市民ボランティア)


4月29日(


◇シジミ川をキレイにし隊清掃


シジミ川沿いの道づくりや橋づくり行います。実は、マシジミは希少生物なのです。見つかるといいですね。

講師 矢間広司さん(市民ボランティア)

日曜日のイベント&作業  (予約は不要です。いつでも来てくださいね。)
 集合場所  クルミ村(狛江水辺の楽校入り口を降りたところ)
 毎週日曜日 午前10時~12時
持ち物は 草地を歩ける服装、軍手、タオル、草刈りカマ、ノコギリなど。
※天気が良ければ青空お弁当会あり。おにぎり、水筒持参。
   各回とも雨天中止

【お問合せ】 03-5761-2844 (竹本)
copyright© 2014 狛江水辺の楽校