狛江水辺の楽校
魚がいて鳥がいて虫もいる。そして花も咲いている。
多摩川流域でも数少ない自然が残された水辺は狛江ビオトープとして市民に親しまれ、四季折々の自然学習に利用されている。

狛江水辺の楽校Facebook

Facebookで、日常の活動を紹介しています。いいね!お願いします。



  4月 水辺の楽校行事(毎週日曜日)

 平日は、保育園、幼稚園、小学校などの多摩川学習・多摩川遊びのサポート役。
 毎週日曜日10時から12時まで、環境学習の場づくりの清掃活動、生き物観察。
 子どもたち、お父さん、お母さん、市民の皆さんの参加・お手伝いをお待ちしています!


4月2
日(

◇平成29年度開校式&春の自然観察会


17回目の開校式と春の生き物観察をします

講 師 野口 昌男さん(水辺の楽校校長)


4月9日(


◇ヤンマ池の緑化活動


ヤンマ池の周りの剪定と植樹をします。オタマジャクシも元気に泳いでいます。

講 師 増川 邦弘さん(狛江第一小学校保護者)


4月16日(


◇オタマ池の緑化活動


オタマ池の周りの剪定と植樹をします。春先の渇水で水が干上がってしまいました。今年はこの池ではオタマの姿は見えないのが残念。

講 師 門脇昭雄さん(狛江第一小学校保護者)


4月23日(


◇ホタル川の緑化活動


ホタル川の周りの道の草苅と植樹を行います。カワニナもザリガニも見つけられるかな?

講 師 藤村忠彦さん(市民ボランティア)


4月30日(


◇シジミ川の緑化活動


シジミ川の周りの道の草苅と植樹を行います。フナ、ウグイ?の稚魚の群れが本流から上がってきていますよ。

講 師 矢間広司さん(市民ボランティア)

  集合場所  クルミ村(狛江水辺の楽校入り口を降りたところ)
 午前10時~12時
持ち物は 草地を歩ける服装、軍手、タオル、草刈りカマ、ノコギリなど。
※天気が良ければ青空お弁当会あり。おにぎり、水筒持参。
   各回とも雨天中止

【お問合せ】 03-5761-2844 (竹本)
copyright© 2014 狛江水辺の楽校