狛江水辺の楽校
魚がいて鳥がいて虫もいる。そして花も咲いている。
多摩川流域でも数少ない自然が残された水辺は狛江ビオトープとして市民に親しまれ、四季折々の自然学習に利用されている。

狛江水辺の楽校Facebook

Facebookで、日常の活動を紹介しています。いいね!お願いします。



  10月 水辺の楽校行事(毎週日曜日)

 平日は、保育園、幼稚園、小学校などの多摩川学習・多摩川遊びのサポート役。
毎週日曜日10時から12時まで、環境学習の場づくりの清掃活動、生き物観察。
子どもたち、お父さん、お母さん、市民の皆さんの参加・お手伝いをお待ちしています!


10月1日(


◇ヤンマ池の環境保全活動


ヤンマ池の周りの間伐や草苅をします。

講師 石田誠さん(狛江ほたる村)


10月8日(


◇オタマ池の環境保全活動


オタマ池までの道づくりをしながら、秋の植生の観察をします。

講師 石原桃代さん(市民ボランティア)


10月15日(


◇シジミ川の環境保全活動


シジミ川沿いの草苅もしますが、道沿いにはオギの花穂がたなびいてとってもきれいです。

講 師 笠間三男さん(狛江ほたる村)


10月22日(


◇カワセミ水路の環境保全活動


カワセミ水路はガサガサの絶好のポイントです。

講 師 斉藤和夫弘さん(市民ボランティア)


10月29日(


◇ドングリ村の環境保全活動


どんぐり村には、実はどんぐりはまだありませんが、鬼ぐるみの木がたくさんあり、大きな実を実らせています。落ちてきた実は食べ頃ですよ。

講 師 大津伴絵さん(市民ボランティア)

日曜日のイベント&作業  (予約は不要です。いつでも来てくださいね。)
 集合場所  クルミ村(狛江水辺の楽校入り口を降りたところ)
 毎週日曜日 午前10時~12時
持ち物は 草地を歩ける服装、軍手、タオル、草刈りカマ、ノコギリなど。
※天気が良ければ青空お弁当会あり。おにぎり、水筒持参。
   各回とも雨天中止

【お問合せ】 03-5761-2844 (竹本)
copyright© 2014 狛江水辺の楽校