狛江水辺の楽校
魚がいて鳥がいて虫もいる。そして花も咲いている。
多摩川流域でも数少ない自然が残された水辺は狛江ビオトープとして市民に親しまれ、四季折々の自然学習に利用されている。

狛江水辺の楽校Facebook

Facebookで、日常の活動を紹介しています。いいね!お願いします。



6月 水辺の楽校行事(毎週日曜日)

 平日は、保育園、幼稚園、小学校などの多摩川学習・多摩川遊びのサポート役。
毎週日曜日10時から12時まで、環境学習の場づくりの清掃活動、生き物観察。
子どもたち、お父さん、お母さん、市民の皆さんの参加・お手伝いをお待ちしています!

狛江水辺の楽校を元に戻そう!

10月に発生した台風第21号の影響で、狛江水辺の楽校がごみの山になってしまいました。
現在、市民ボランティアによる清掃活動を開始していますが手が足りていない状況です。
皆さんの力で多摩川や水辺の楽校の自然を再生しましょう。参加・協力をお待ちしています。


6月3日(


◇オタマ池周辺の路づくり清掃


オタマ池までの路づくりを行います。

講師 石田誠さん(市民ボランティア)


6月10日(


◇ドングリ村の路づくり


ドングリ村の周辺の清掃と生き物観察を行います。

講師 矢間公司さん(市民ボランティア)


6月17日(

10:00〜12:00 受付開始 9:45

◇アレチウリ駆除&ガサガサ体験

先着事前申込 50名


 → イベントチラシ


外来植物のアレチウリは、あらゆる植物の上に覆い被さり、太陽光線を遮断し、腐らせてしまう、驚異のつる植物です。今年も、どんどん生長しています。
子どもたちが遊べる生態系豊かな水辺の楽校を残すため、大作戦を実行します。
後半は、みんなで浅い水路でガサガサします。どんな水辺の生き物が捕まえられるか、楽しみですね。


・小学校低学年は、保護者同伴
・軍手、ゴミ袋は用意します
・服装:長袖、長ズボン、長靴、川に入れる靴、着替え
・網を持っている子は持ってきてね。


6月24日(


◇キツツキ村の路づくり清掃


キツツキ村周辺の道づくりを行います。

池田のりこさん(狛江第六小学校保護者)
日曜日のイベント&作業  (予約は不要です。いつでも来てくださいね。)
 集合場所  クルミ村(狛江水辺の楽校入り口を降りたところ)
 毎週日曜日 午前10時~12時
持ち物は 草地を歩ける服装、軍手、タオル、草刈りカマ、ノコギリなど。
※天気が良ければ青空お弁当会あり。おにぎり、水筒持参。
   各回とも雨天中止

【お問合せ】 03-5761-2844 (竹本)
copyright© 2014 狛江水辺の楽校