狛江水辺の楽校
魚がいて鳥がいて虫もいる。そして花も咲いている。
多摩川流域でも数少ない自然が残された水辺は狛江ビオトープとして市民に親しまれ、四季折々の自然学習に利用されている。

狛江水辺の楽校Facebook

Facebookで、日常の活動を紹介しています。いいね!お願いします。



3月 水辺の楽校行事(毎週日曜日)

 平日は、保育園、幼稚園、小学校などの多摩川学習・多摩川遊びのサポート役。
毎週日曜日10時から12時まで、環境学習の場づくりの清掃活動、生き物観察。
子どもたち、お父さん、お母さん、市民の皆さんの参加・お手伝いをお待ちしています!

今年の台風で水辺の楽校のクルミ村のタチヤナギなどたくさんの木が倒れてしまいました。
いつも木登りやブランコをしていた大好きな木が、根本から折れて大変なことに。

多摩川や水辺の楽校の遊び場づくりを復活させなくては。


3月3
日(

◇湧き水のまわりをキレイにし隊清掃


カエルの産卵が始まります。まわりには春の草花が芽を出しそうです。観察しやすいように、掃除をします。

講師 酒井優さん(市民ボランティア)


3月10日(


◇ヤンマ池の路づくりとヤナギの剪定


総合学習に活用できるように、ヤンマ池の観察路をつくります。

講師 藤村忠彦さん(市民ボランティア)


3月17日(


◇シジミ川の路づくり清掃


総合学習で活用できるように、小川周りに観察路をつくります。

講師 石原桃代さん(市民ボランティア)


3月24日(


◇ポンポコ村の路づくり清掃


たぬきさんがたくさん暮らしています。昼間は現れませんがそーっと、近くの道の草刈りをします。

講師 門脇昭生さん(狛江第一小学校保護者)


3月31日(


◇ドングリ村の路づくり清掃


桜も満開になる頃、もうすっかり春ですね。小さな子どもたちも観察にやってきます。観察路の整備をしましょう。

講 師 池田のりこさん(狛江第六小学校保護者)

日曜日のイベント&作業  (予約は不要です。いつでも来てくださいね。)
 集合場所  クルミ村(狛江水辺の楽校入り口を降りたところ)
 毎週日曜日 午前10時~12時
持ち物は 草地を歩ける服装、軍手、タオル、草刈りカマ、ノコギリなど。
※天気が良ければ青空お弁当会あり。おにぎり、水筒持参。
   各回とも雨天中止

【お問合せ】 03-5761-2844 (竹本)
copyright© 2014 狛江水辺の楽校